元気100選総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ベルモ
食育講座を学ぶならここ
農林水産省推進「食育」。
家族の健康は自分が守る。

小学校に入学する前に着替えをできるようになろう

幼稚園や保育園のときは制服だったでしょうか?スモッグだったでしょうか?お昼寝の時などにあった着替えなどはどうしていましたか?

小学校に入学すると体育の時間があり、そのときには体操服に着替えなくてはならなくなります。夏にプールの授業がある場合は水着に着替えなくてはならないし、それ以外のときはジャージに着替えなければなりません。

今までは自分で着替えることができなくてもお母さんがやってくれたり、幼稚園や保育園の先生が手伝ってくれたりしてくれましたが、小学校に入学するとなるとそうも言っていられなくなり自分で自分の着替えをしなくてはいけなくなります。

また、女の子の場合は髪の毛がボサボサになってしまったらクシでとかしてゴムで結ぶなどさらにやることが増えてしまいます。
ここでやれないとなると大変なことになってしまいますので、できれば小学校に入るまでには自分でできるように練習させてあげることが大切です。

また、制服がある学校ならいいのですがそうではなく私服の学校の場合は毎日着ていく服を前日に用意しておくなど「準備をする」ということも慣れさせるようにしていった方がいいのではないかと思います。
その洋服を準備するのも最初はお母さんが手伝ってあげるようにしておいて、徐々に自分で洋服選びをさせてあげるのも大切です。

また小学校に入ったばかりのときは忘れ物とかも多くなるかもしれませんので、持ち物にはあらかじめ名前を書いておくなどしておいたほうがいいかもしれませんね。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学までにあいさつをきちんと言えるようにしましょう。

小学校に入学する子はもちろん、どの年代の方でもきちんと挨拶ができるということはとても大事だと思います。

返事はただうなずくだけでは相手に伝わりません。きちんと相手の目を見て「はい」と言えるようになるようにしておいた方がいいのではないかと思います。

何気ない「はい」とか「おはようございます」とかいうあいさつですが、出来るのと出来ないのとではいざというときに言葉を発することができなくなるかもしれません。
例えば授業中にトイレに行きたくなってしまっても手をあげてみんなの前でトイレに行きたいなんて言えないかもしれませんし、そうなると困るのは子ども本人です。
そんな大げさなって思うかもしれませんが、大切なことだと思いますのであいさつくらいはせめて言えるようにお家で練習しておくようにしましょう。

しかし、これも無理強いはだめです。あいさつが出来ないからと叱ってしまっては余計にしなくなってしまいます。他人とコミュニケーションを取ることに対して得意な子もいるし、苦手な子もいるのです。その子のペースで気長に教えていくようにしましょう。
また、できたら誉めてあげるようにしましょう。
そうすることで徐々に簡単にできるようになってくるかもしれません。

少しずつ焦らず、学校に行くまでゆっくりと練習していきましょう。
また練習だと意気込まずに生活の中で自然に「おはようございます」「いただきます」「ごちそうさま」「おやすみなさい」が言える環境を作ってあげるのもいいかもしれませんね。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学前に朝ごはんをきちんと食べさせる習慣をつけよう

今全国で「早寝早起き朝ごはん」運動が推進され強化されていることを知っていましたか?

子どもの基本的な生活習慣である早寝と早起きと朝ごはんを食べるということ、毎日決まったリズムで行うことができることが目的とされているみたいです。

こうすることで子どもの健康的な成長を育成するというだけでなく、能力アップにも繋がると言うこともあるためぜひ力を入れてやってみてはいかがでしょうか。

脳を鍛えるためには脳トレみたいなゲームではなく、十分な睡眠と十分な栄養こそが大切なのだと思います。
平日休日関係なく生活リズムを崩さないことで、すっきりと目覚めることもできるようになります。これは本当にとても大切なことなのです。
またせっかく早起きしても脳がすっきりと目覚めて働いてくれなければダメです。
脳を働かせるためにはブドウ糖やビタミン、ミネラルなどバランスがよい食事を心がけるようにしないといけません。

平成17年7月から食育基本法というのが施行されているのをご存知でしょうか。
これは勉強とかしつけとかそういった教育だけではなく食育も大切なのだということが重要視されたものです。

お母さんは毎日大変になるかもしれませんが、お子さんのためです。今からリズムをきちんとつけさせるように頑張りましょう。

そのためにはリズムよく早寝早起きをさせてきちんと1日3回食事を適量食べさせるようにしましょう。そういった生活のリズムをきちんと整えていくように前もって始めていったほうがいいと思います。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学までに睡眠リズムを身に付けさせよう

小学校に入学するお子さんにとって大切なことのひとつが生活リズムを整えるということです。
特に睡眠リズムは大切ですので入学するまでには整えておきたいものだと思います。

子どもに睡眠不足があるって知っていますか?
今の子どもの睡眠不足の理由として主にあげられるのに親と一緒じゃなければ眠れない子どもが増えていることだと思います。
親の寝る時間が遅いために一緒に寝る子どもまで寝る時間が遅くなり、結果的に睡眠不足になってしまうというわけです。

子供の睡眠に関して調査した機関があって、そこによる結果に寝るのが遅い子どもの睡眠時間は朝寝坊をしようと昼寝をしようと早寝の子どもより短いと言うことが分かったそうです。

また睡眠不足は子どもの精神状態にまで悪影響を与える場合があり、睡眠リズムが決まっていない子どもと睡眠リズムが決まっている子どもで図形を書き写すというテストをしてもらったところ、リズムがきちんとある子の方が書き写す力があるといいことが分かったそうです。
睡眠不足や睡眠リズムが悪いと精神状態が不安定になり認知能力に何かしらの影響がでているのではないか?と思わざるを得ない結果になっているのです。

だからと言って勉強しないとか、すぐキレてしまうとかの理由が全て睡眠リズムのズレから来ているとは言えないので一概にはわかりませんが、できれば入学前に睡眠リズムをきちんとつけるようにしておくことが大切ではないかと思います。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 04:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学前にやらなければならないこと

幼稚園や保育園に入っているお子さんにとっては、小学校の入学式の前にやることがありますよね。それが卒園式と謝恩会だと思います。

またお子さんも卒園式となると卒園証書授与の練習をしたり、歌の練習をしたりとちょっとだけ慌しくなったりして徐々に緊張してきちゃうかもしれませんね。
さらに子供の節目のイベントとなる卒園式はお父さんやお母さんにとってもとても感動的な一日になると思います。

そんな卒園式に準備したいものがデジカメやビデオカメラだと思います。一生に一度しかない子供の晴れ姿、お友達の姿、お世話になった先生たちの姿など映像として残しておき、子供が将来大きくなったときに見せてあげましょう。

また、この時期は卒園式と入学式が続けて行われるので、特にお母さんが着るスーツなども準備したほうがいいと思います。しかしこの時期は季節の変わり目でもあるので気温に応じて選ぶようにしたほうがいいと思います。

また、2着もスーツ買うお金なんて無いわという方なんかは、同じスーツでもコサージュとかアクセサリーを付け替えることで違った印象を持たせてくれますので、そうやって変化させたほうがいいと思います。

またご自身のスーツも大切ですが何よりも大切なのはお子さんの晴れ姿です。もしかすると泣いちゃうかもしれませんので、ハンカチや化粧直しようのお化粧品なども準備していかれるといいのではないかと思います。

一生に一度しかないお子様の晴れ姿を清々しい気持ちで迎えましょう。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 04:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校の入学準備の前に!

小学校の入学準備をする前にやらなければならないことのひとつに、お子さんがお世話になった幼稚園や保育園の謝恩会があると思います。これは保護者側が幼稚園や保育園の先生方に対してお礼をこめて行う会で、内容もさまざまです。

通常は卒園式が終わった日の後に行われる場合が多いと思います。また謝恩会が行われる場所ですが保育園で行われる場合もあるし、後日改めて行う場合にはホテルやレンタルホールなどで行う場合もあります。それもさまざまだと思います。

謝恩会では何が行われるのかと言うと、保護者が行うショーやゲームなどをしたり記念品などを渡したりする場合が多いのではないかと思います。
その際には軽食のような食事が出たり、飲み物を飲んだりする場合がほとんどです。

また変わったところで言うと、保護者たちが行うお芝居や歌などを披露するという場合もあるそうなのですが、練習など卒園式の前に行わなければならないので実際問題難しいのではないかと思います。

どちらにしても、保護者の方々が先生方に対して労をねぎらうような意味でおこなわれる感謝会みたいなものです。子供が卒園してしまったからもう関係ないわ見たいなことはいわずに積極的に参加するようにした方がいいと思います。

卒園してから入学式まではあまり時間が無いために、余裕がなくなってしまう事もあるかと思いますが、どうせやるなら何をやるにも楽しみながら、笑いながらやるということがコツだと思います。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 02:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校に入学する前に入学説明会

小学校に入学するお子さんがいる家庭では入学する前年度に小学校の入学説明会があります。この入学説明会は通常保護者の方だけが参加して行うものですが、まれに子供も参加できる小学校入学体験というイベントを行っている学校もあるようです。
体験入学とは実際に1年生の授業を受けてみたり、高学年の生徒と一緒に遊んだりできるレクリエーションみたいなものだと思っていただければいいと思います。

また保護者に対して行われる入学説明会では、入学する小学校の教育方針や決め事、入学までに準備しなければならないもの、学校生活においての質問など、小学校の先生や警察の方などと話していきます。

また入学の受付や手続き、私立の場合は教科書の購入、公立の場合は教科書の配布などがあったり、入学までに準備しておかなければならないものの説明などがあったりします。

さらに通常は就学時健康診断で健康診断をすでに済ませている場合が多いのですが、済ませていない場合は説明会と一緒に行う場合もあるようです。こういったことは事前に通知されていると思いますので確認してから行くようにしてください。

また、親と子どもが一緒に行う親子面接などを行う場合もありますので不安要素や聞きたいこと、心配事などはこの時に伝えておいた方がいいかと思います。

もし不安なことがあるようなら持ち越さずに解決していった方がいいかと思います。
学校によってはスクールカウンセラーがいたりしますので相談してみるなとした方がいいと思います。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入学通知書

時期や内容に若干違いはあるかもしれませんが、翌年度、小学校に入学するお子さんがいらっしゃる家庭には「入学通知書」と言う書類が入学する前年度に教育委員会の方からお手元に届くようになっていると思います。普通は入学通知書と一緒に「就学時健康診断のお知らせ」という入学前の健康診断に関するお知らせも届くと思います。

この「入学通知書」は住民基本台帳、外国人登録簿に基づいて作られており、入学前年度の10月1日現在の情報で作成されて各ご家庭に送付されることになっています。

また指定された学校を変更して希望する学校に入学したいといった場合もありますよね。

どういうことかと言うと、引っ越しが決まっているけど今決まっている指定校に入学したいといった場合、子どもが帰宅する時間は家に誰もいないので、祖父母が住んでいる家の近くの学校に入学させたいといった場合などがあります。
私立などを受験して学区内以外の学校に通う場合なども同じです。
また、入学通知書が送付された後に引っ越しなどをしてその学校に行けなくなった場合は転居先の住所へ新たな学校から入学通知書が送付されることになっていますので安心してください。

公立の小学校へ行かれるお子さんなら学区内ということなので通知書は届くと思いますが、私立を受験された方は入学通知書が届くまではハラハラドキドキしちゃいますよね。
入学通知書が届くとまずは一安心です。それ以外の入学準備などをしていくようにしましょう。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学準備に就学時健康診断

翌年の4月に小学校へ入学されるお子さまがいる家には、前年の秋〜冬が始まる頃にかけて地域の自治体、もしくは教育委員会、または入学する各学校から入学に関するお知らせみたいな、資料が届くと思います。

その中に入っているもののひとつが就学時健康診断のお知らせです。
就学時健康診断とは聞きなれない言葉だと思いますが、単純に健康診断と名前が入っている通り、小学校に入学する前に健康診断を受けておきましょうというシステムになっているそうで、そのお知らせに書いてある日程と場所(だいたいは入学する小学校で行われます)で行われることになります。
普通は11月末までに終わるのが通常の流れだと思います。健康診断を受ける箇所ですが通常の場合と同様で、体重や身長、問診、視力、聴力などといったところでしょうか。基本的な健康診断になると思います。

今は在学生との親睦を深めるために高学年の生徒が引率を行うといった学校が増えてきているそうです。小学校に入る前は子供も緊張すると思います。そんな気持ちを在校生の生徒が手を繋いで引率してくれることで和らいでくれるかもしれません。健康診断だけでなく貴重な体験もできると思いますので楽しみに行ってみてはいかがでしょうか。

事前に健康調査表や連絡先などを記載した書類が必要な場合がありますので、お知らせで届いたものをきちんと見ておくようにしましょう。
このときに中履きなどが必要な場合もありますので持参する項目はきちんとチェックしておきましょう。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学前に準備したいもの【防犯ブザー】

最近、小学生の登下校時を狙った犯行など、無差別犯罪による被害が後を絶たない状況です。

そこで小学校に入学前のお子さんを持つ親御さんにとって気になることと言うと防犯対策ではないかと思います。
最近ではあまりの犯罪の多さに自治体が防犯ブザーを配布する地域もあるようです。

それがない場合には、各ご家庭であらかじめ用意しておいて事前に使い方の練習などをしておいてみてもいいかもしれません。

ただ現実問題防犯ブザーを持ち歩いている生徒はまだまだ少なく、凶悪犯罪が増えていても、防犯意識はまだまだ薄いというのがあります。「まさか家に限って」なんて思っていてはいざというとき困りますよ。

また可愛くない、大人が持つような防犯ブザーだと子供たちも積極的に持ちたがりませんよね。最近ではうさぎの形をしたブザーや、クマの形をしたブザーなど動物の形をした可愛い感じのブザーが発売されています。
可愛いものならば携帯電話に付けておくとか、首からぶら下げるようにするとなしていつも身につけてもらえるかもしれませんので検討してみてはいかがでしょうか。
また防犯ブザーの使い方ですが、ブザーに付いているアラームピンを引き抜くとブザーがなるようになっているものがほとんどで、電池式のために長く使っていただくことが可能です。
またブザーの音量はかなり大きいですので、いたずらでピンを抜くのは止めましょう。ピンを戻すと音は止まりますので抜いたピンは捨てないようにしましょう。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学前の就学時検診って?

小学校に入学する前には就学時検診と言うのをやるのですが、これは何のために行うのでしょうか?あるところでは就学時検診のときに配られるプリントに「この検診で治療が必要な箇所がわかった場合には、入学するときまでに治す様にしてください」という意味のことが書いてあるようです。もちろん言っている意味は分かるのですが、なんとなくちょっと「ん?」って思いたくなるような気分になってしまう感じがあります。

また本当か嘘かわかりませんが、就学時検診のときに受ける知能テストに関しては障害があるかどうかを見極めるためという話があるようです。これが本当ならなんとなく学校に対して嫌な感情を持ってしまいますよね。

でもこれも考えようによっていい方向に考えることもできます。これは学校と子供、学校と親が知り合うきっかけになるいいチャンスだということと考えてみてはいかがでしょうか。突然「学校」というものに触れると子供は敬遠してしまったりするかもしれません。しかし、ちょっとだけでも知っているとある程度の警戒心が消えて学校に行くことが少し楽しくなるかもしれません
学校側もこういった生徒が入学してくるのだとある程度の心の準備ができるようになりますし、いいことだと思います。

就学時検診と言うのはもちろん体の悪いところを調べる健康診断的なものもありますし、学校と言うものを知るチャンスでもあります。是非楽しんで心の準備として受けてみてはいかがでしょうか。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就学時検診に準備は必要?

来週小学校へ入学予定のお子さんがいる家庭には、だいたい10月に入ると「就学時健康診断のお知らせ」のような案内が送付されてくると思います。この就学時健康診断とは秋口にお子さんが入学する予定の学校で健康診断を行うといったものです。

この就学時健康診断というのは小学校に関するイベントごと第1弾だと思います。ですから何を準備して言ったらいいのか全然分からないですよね。例えば記入していかなければならない書類などもあるかもしれませんので、お知らせの書類が届いた時点できちんと確認をしておくようにしましょう。また就学時検診は学校で行われることが多いと思います。入学する児童が一斉に行くのですから学校には履物などは当然用意されていないと思います。スリッパや上履きなどきちんと用意しておくようにしましょう。

まずは受付を済ませて体育館などに行き健康診断が始まります。このとき学校によっては在校生が案内してくれるところもありますのでお子さんが始めて学校の上級生と触れ合うと言う貴重な経験ができるかもしれません。

次に健康診断の後半部分ですがこの時点では親と子供は既に離れてしまっている場合がほとんどだと思います。お子さんは歯科や耳鼻科、眼科など基本的な検診を受けてくるようになります。お母さんたち保護者は待っているだけになります。

最後には検診の結果を受け取り終了になります。これでもし異常があるようでしたら入学までに治せる物は治しておくようにしましょう。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学前までに体力をつけさせましょう

子供が小学校に入学するとなると何かと物入りになり、ランドセルを買ったり文房具を買ったりと入学に向けての準備をしていくと思いますが、子供の生活環境を整えてあげることも大切だということを覚えておきましょう。

あまり感じたことはないかもしれませんが、入学したての子供にとって大変なことと言ったら「登下校時に歩くこと」ではないかと思います。

今までは幼稚園だと送迎バスがあったり、車で行ったり、歩くと言ってもお母さんが必ずついていたりとそんなに歩く必要がなかったために歩くということになれていません。

ですから、私たち大人からみるとたいしたことがない距離でも入学したての子供から見てみると学校までの距離を歩くということは以外と大変なのだということみたいなのです。
もちろんそんな状態は長く続かないので慣れれば大丈夫なのですが、慣れる前に子供が登下校自体嫌になってしまったらそれこそ大変です
ですから、入学する前から小学校までの道のりを散歩するようにしたりして体力をつけさせてあげることもとても大切になります。

また歩くための靴もきちんと選んであげるようにしましょう。履きやすくて歩きやすいのがいいですね。

また子供の成長は早いために靴も1年でサイズが変わっていく可能性があります。ですから子供が履きやすい靴のメーカーなどは探しておくようにするといざというときにいいかもしれません。

子供が小学校に入学する前にしておくことのひとつとして体力作りがあると言うことを覚えておきましょう。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 03:00 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。