元気100選総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ベルモ
食育講座を学ぶならここ
農林水産省推進「食育」。
家族の健康は自分が守る。

小学校の給食時における時間配分

子ども英会話・無料サンプルビデオ(DVD)プレゼント中。


小学校の給食時における時間配分
小学校入学わくわくドキドキ小学一年生

小学校に入学すると、給食が出たり、お弁当を持参したりとお昼ご飯を食べる時間というのがあります。幼稚園や保育園でもこういった時間はあったかと思うのですが比較的自由な感じでしたよね。
小学校に入ると決められた時間内に食べなければならないので大体30分を目安にして時間を設けている学校がほとんどだと思います。

家庭で作る子どもが喜ぶ給食ヒットメニュー―学校給食のアイデアを家庭で

家庭で作る子どもが喜ぶ給食ヒットメニュー―学校給食のアイデアを家庭で

  • 作者: 学校給食を家庭に紹介する会
  • 出版社/メーカー: 新紀元社
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本


昔は残すことをタブーとしたり、三角に食べなさいという三角食べをすすめていたりするような感じでしたが今ではそういったことが無いようで、個人個人に合わせて食べていけるよう配慮されているそうです。なんか昔とはずいぶん変わった印象を受けますよね。
でも、今でも変わっていないのは給食をおかわりする場合は、全部食べた人からね。というのがお約束みたいですね。
通常のお昼の時間は先生と生徒たちが教室で食べているのが一般的ですが、コミュニケーションの一環として校長先生が一緒に教室で食べたり、保護者の方を招いて一緒に食べてみたりとイベント的なこともする学校があるそうです。
また昔の給食のイメージとは違って、バイキング形式で食べることができたりする給食とかメニューが豊富になったりとか本当に今の給食は美味しくできているそうです。
給食は限られた時間の中で食べるようにしなければなりません。無理して急いで食べる必要はありませんが、遊びながら食べるようにしないよう時間配分をしながら食べるように学校に入学する前から練習しておいたほうがいいかもしれませんね。

学童給食衣(ホワイト) SKV3581号



posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 02:45 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。