元気100選総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ベルモ
食育講座を学ぶならここ
農林水産省推進「食育」。
家族の健康は自分が守る。

小学校の友達付き合い

【アルゴクラブ】考える力・論理性・集中力・記憶力を育てる

小学校の友達付き合い
小学校入学わくわくドキドキ小学一年生

「友達力」で決まる! 子供の「人間関係力」を育むために、親にしかできないこと

「友達力」で決まる! 子供の「人間関係力」を育むために、親にしかできないこと

  • 作者: 親野 智可等
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



今までママとべったりだった子供も、小学校に入学すると子供同士の付き合いというのが中心になる環境になります。
小学生になると自我も出てきますので好き嫌いがはっきりしてきたり、合う合わないがはっきりしてきたりすると思います。
すぐにそういった環境に馴染んでくれればいいですが、馴染めないと困ったことになってしまいかねません。

また保護者の方の方も、今までは子供がすぐ目の届く場所にいたので安心していましたが、今後は目がなかなか届かない場所になってしまいますから、小学校に入学した手の頃は特に心配するかもしれません。
けど安心してください。
子供たちは結構順応がよくて友達同士で遊ぶようになったり電話をかけて長電話をするようになったりどんどん成長と共にママから離れていくようになると思います。
また家の外で遊ぶことによって子供の世界もどんどん広がっていきます。いろんな友達ができるしそこからまた友達が広がっていくのではないかと思います。
子供は友達になるのも簡単だし、順応性も早いのであまり心配しすぎることはないと思います。
ただ、そんなにお子様の友達が多くなってくるとママさん方が顔と名前を覚えるのが大変になってくると思います。しかしそこは子供のためです。しっかり覚えておくようにしましょう。
以上のようなことも小学校に入学したら有り得るような現実ですので、事前に心の準備をしておいたほうがいいかもしれませんね。
またこれ以上のこともあるかもしれませんのでそれだけに集中しないように余裕を持ちながら構えておきましょう。

翼ひろげる子―子どもの生きる場所は、家庭、学校、友達の3つ。そのどれか1つにでも自分のことを受け止めてもらえるならば、子どもは生きていける

朝日小学生新聞は、ふりがなつきでニュースをわかりやすく解説。

受験・教育情報も充実し、親子で楽しめます。「ほら、こんな記事がのってるよ」。

親子の会話がはずみ、学力の基本、国語力と考える力が育ちます。
posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 08:18 | Comment(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。