元気100選総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ベルモ
食育講座を学ぶならここ
農林水産省推進「食育」。
家族の健康は自分が守る。

貴重な五月人形

小学校入学 わくわくドキドキ小学一年生 五月人形
貴重な五月人形





愛知県高浜市に本店がある「吉浜人形」では、世界遺産の「屋久杉」や高品質の絹「ぐんま黄金」など、大変貴重な材料を使用した五月人形が販売されています。

現在では、屋久杉を伐採することは禁止されています。そこで、吉浜人形の五月人形に使用されている屋久杉は、以前伐採された切り株などを入手しています。しかし、それはほんのわずかな量です。そんな貴重な材料を多くの人に届けるために、突き板仕上げで薄くそぎ、とても手間のかかる「浮造り」という技法が施されています。

屋久杉飾りに採用している「浮造り」とは、数十本竹串を束ねた道具を使って、何度も素材の表面をこすって、木目の一部のみを浮き出るように仕上げる工法のことです。この浮造りは、通常より厚い表面材を必要とし、高度な技術を要します。これにより、美しい屋久杉の木目が、最大限に引き立ちます。浮造りを施した「屋久杉鎧平飾り」は、吉浜価格で436,800円です。

「屋久杉織三段飾り」は、五月人形に屋久杉をまとわせています。屋久杉を薄さ0.1mmに加工して屋久杉箔にし、帯地と同様の「引箔織り」という技法により布地にしました。木目をそのまま残し、兜と鎧に「屋久杉織り」を施した、とても貴重な五月人形となっています。「屋久杉織三段飾り」は、吉浜価格で123,900円です。

また、豪華な鎧飾りにしたい、という人におすすめなのは「黄金鎧飾り」です。最上の美しさを誇る、群馬で誕生した絹「ぐんま黄金」を使用し、その品のある輝きと繊細さを生かして、極上の甲冑に仕上げました。「黄金鎧飾り」は、吉浜価格で310,800円です。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 12:32 | Comment(0) | 五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五月人形の購入の仕方

小学校入学 わくわくドキドキ 小学一年生
五月人形の購入の仕方



五月人形は、少し前までは、母方のおじいさん・おばあちゃんが購入して贈るのが、当たり前のように思われていましたが、今では、マンションやアパート住まいの夫婦が多いということで、飾る場所やしまえるスペースを考える必要があります。そのため、家族などで、ちゃんと相談してから、人形専門店などに出かけるようにしましょう。
ひな祭りの時期が明けた頃から、人形専門店から、五月人形のダイレクトメールが届いたり、新聞にデパートなどの折り込みチラシが入ってきたりします。これらを取っておき、よく見比べて、気に入ったお店、好みの人形や鎧兜の雰囲気、サイズや価格などを、だいたい決めておきましょう。
また、五月人形を飾る場所や、飾ってからの部屋の配置を、よく考えておきましょう。一戸建ての広い家なら、飾る場所を心配することもないと思いいすが、五月人形は、1ヶ月近く飾っておくものなので、あらかじめ飾る場所を決めておくと便利です。たとえば、段飾りを、押入れの前にセットする場合は、押入れに入っている物を出したり、入れ替えたりしなくてはならないこともあります。

お店へ行く前に、五月人形を飾る場所のサイズを測ることも、とても重要なポイントです。広い店内で見てみると、実際よりも小さく見えてしまうものです。実際に家で飾ってみると、置くことができなかった、なんてことにならないように、お店に出かける前に、飾る場所の間口・奥行き・高さを、きちんと測っておきましょう。
ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 08:22 | Comment(0) | 五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五月人形【飾り方、しまい方】

小学校入学 わくわくどきどき小学一年生
五月人形【飾り方、しまい方】



お節句の前日に、慌てて鎧兜や五月人形を飾る人がいますが、これは、「一夜飾り」と言われ、昔から縁起が悪いこととされており、感心できることではありません。飾る時期は、鎧兜や五月人形が届いたら早めにし、初節句の用意をします。お節句の10日?20日前に飾るのが良いでしょう。最近では、宅配便で送られてくるのが主流なので、赤口や仏滅に届いたとしても、あまり気にしないで、大安や友引といった、お日柄の良い日を選んで封を切りましょう。
ちなみに、「大安」は一日中“吉”で、「仏滅」は一日中“凶”を意味します。「先勝」は午前中“吉”ですが、午後から“凶”を意味し、逆に「先負」は午前中“凶”ですが、午後から“吉”を意味します。「赤口」はお昼時“吉”ですが、それ以外は“凶”で、「友引」は朝方と夕方“吉”ですが、それ以外は“凶”を意味します。また、「凶」とは、「何かを始める際に、良くない」という意味で、「これから悪いことが起こる」などの意味はありません。
しまう時期は、おひな様の場合は、ひな祭りが終わって飾ったままにしていると、「結婚が遅れる」と言われますが、端午の節句には、そのような言い伝えはありません。昔は、鎧兜や鍾馗の人形は、守り神とされていたので、一年中飾られていたそうです。それでも悪いことではありませんが、やはり、出したままにしておくのは「おかしい」、と思われてしまうので、早めにしまう方が良いでしょう。特に、鯉のぼりを出しっぱなしにしておくと、近所に笑われてしまうかもしれません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 17:42 | Comment(0) | 五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。