元気100選総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ベルモ
食育講座を学ぶならここ
農林水産省推進「食育」。
家族の健康は自分が守る。

子供を育てる

小学校入学 わくわくドキドキ小学一年生
子供を育てる


吉村明美と言う漫画家をご存知の方もいるのではないかと思います。
この方の著作の一つに「海よりも深く」があります。



この中での話の登場人物の一人に「自分を母親の育て直しのように育てられた娘」が登場します。
そしてそれが如何に子供の「成長」を妨げてしまったかを、見事なまでに描ききっています。
少女コミックとして売られているものですが、描かれている内容はその範疇に留まらない素晴らしいものです。

母親にとって娘とは、己の分身ともいっていい存在です。
そのため、娘は母親を必ず内在化させているといいます。
そしてこれに傷つかない娘はいません。
母に対し、ストレスを感じないことはない、ということです。
ですが同時に母の子育てにだけ責任を押し付けて、逃げをうっても始まりません。
先に挙げた作品はそのことを描いたものです。

子供を育てるに当り、誰でも理想を持ちます。
こんな子に育って欲しいと。
名前はそれを顕著に示すものでしょう。
ですがその理想は時として非常に歪んだものである場合があります。
これはとんでもないストレスを呼んでしまいます。
親にとっても、子供にとってもです。

子育てでもっとも大切なことの一つは、子供を巣立たせると言うことです。
人は自分ひとりでは生きてはいけないものですが、人に依存したまま生きていくのは歪んでいます。
自立してこそ他人を支え、支えられることも出来るのです。
無理をする必要はありません。
自分が自立した存在になれば子は親を見て、必ず学んでいくものだからです。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 13:13 | Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。