元気100選総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ベルモ
食育講座を学ぶならここ
農林水産省推進「食育」。
家族の健康は自分が守る。

子どもの進路を考える

子どもの進路を考える
小学校入学 わくわくどきどき 小学一年生

子どもの進路を考える中で大手の予備校については必ず考えるのではないでしょうか?
メリットとデメリットについて述べてみたいです。

メリットについて
大手の予備校は全国展開しています、入試についての情報は各校の担当者がそれぞれ地域に合った情報が入ります。
また全国各地に受験を考える生徒がいます、その生徒の為にも体験話等も入ってきます。
医学部で面接をする大学が多いのですが、実際に面接をした人に色々聞けます。
面接官の人数だとか、面接を一度に受ける生徒に人数、面接での質問内容、面接官の雰囲気、面接の雰囲気、面接での要点などを詳しくレポートで残りますので、とても参考になります。
国立大学の後期入試で多く出題される小論文についての内容も、テーマはどの様に書けば良い評価に繋がるのか?
入試に対しての対策などがなかなか入ってこない情報の豊富に用意されていて知ることが出来ます。
これは大手の予備校ならではのメリットになります。
他には大手の予備校では独自の模擬試験があります。
大手であれば集積されたデーターも多いので、そのデーターに基づき模擬試験の結果から弱点などがわかり、攻略法も取り入れることが出来ます。
難関大学受験には大学別の模試もあります。
例えば、代々木ゼミナール模試は問題形式から本番そっくりに作っています。
昨今の大手予備校はマスプロ授業を言い大きい教室での授業だけではなくなっています。
個別指導や通信衛星授業で自分の受講時間を取れるなどの様々な授業の形態が出来ています。
個人の性格に合わせて勉強が出来ます。


デメリットについて
大手の予備校の特徴で、受験生本人の意思にされるところがあります。
全ての人にデメリットになるわけでもないのですが、きちんと真面目に通学するのも、怠けてしまうのも全ては自己責任です。
メリットと受け取る人もいればデメリットとなる人もいると思いますが、大手の予備校も規模が大きいので受験生のそういった部分を全て把握するのは困難だと思います。
クラスによっては100人程になる場合もあり、授業によっては合同授業になれば200人から300人の教室で講義が行われることもあります。
その場合、一人ひとりの理解を確かめることは不可能です。
こういったところはデメリットですね。


子どもの進路を考える上で重要なところで悩めます。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 小学校入学 小学一年生 記録の細道 at 20:21 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。